女性に多いリウマチは早く内科を受診することが重要

リウマチは放っておくと危険な病気

リウマチは女性が男性の3倍の罹患者がいる病気で、指や肘、膝、足関節など全身の関節で起こる炎症により腫れて痛みを生じるという病気です。30代から50代で発病することが多いこのリウマチですが、放っておくと危険な病気であるということはあまり知られていないかもしれません。なぜ放っておくと危険なのかというと、リウマチを放置して進行してしまった場合、関節の骨や軟骨が壊されて変形してしまう可能性があるのです。それに伴い、ただ炎症による痛みだけではなく、関節の脱臼などを引き起こしてしまう可能性もあります。医学の進歩により、リウマチは注射によってかなり症状を抑えることが可能です。痛みなどの症状を抑えるだけではなく、関節破壊を抑制する治療効果もありますので、放置せずにしっかりと治療を行う事が大切です。

病気の知識を蓄える

男性たち

リウマチの原因や症状

人間には細菌やウイルスなどから体を守る免疫というものが存在しています。この免疫が、何らかの事情で本来体に必要なものを外敵とみなし攻撃し、破壊する病気のことを自己免疫性疾患と呼びます。リウマチも自己免疫性疾患の一つであると考えられていて、関節を守る組織や骨、軟骨といったものを外敵とみなし攻撃して破壊する病気となっています。詳しい原因はまだ明らかになっていませんが、細菌やウイルスの感染、出産やケガなどをきっかけにしたり、過労やストレス、喫煙などもリスクを高めると考えられているものです。症状は関節のこわばりや熱感、痛みなどが代表的ですが、水が溜まってしまったりこともあります。関節以外にも症状は出て、微熱や倦怠感なども活動期にはよく出る症状となっています。また、極稀ではありますが、血管に炎症が起こり重症化するケースや肺や腎臓、心臓などの内臓疾患を引き起こすケースもあり、進行するとより重い症状が出やすくなるのです。

早めに治療して直そう

リウマチは、早期治療をすることが大事な病気です。以前までは、リウマチは発症後10年以上が経過してから関節破壊が生じると言われていましたが、今では発症後早期から急速に関節破壊が起こることが分かっています。特に発症から1年の関節破壊のスピードは早いです。早期に発見し早期治療を行うことによって関節破壊の進行を防ぐことが出来ますし、関節機能を維持することにも繋がりますので日常生活の影響を少なくすることが可能になります。

読まれているコンテンツ

病院

自分の体を詳しく知ろう

体調不良などの悩みがあるなら、新宿の内科で検査を受ける方法が適しています。さまざまな検査を受けることができますので、体調不良の原因を突き止められるのです。さらに、新宿の内科では健康診断も受け付けています。未然に疾患を防ぎたい方にぴったりでしょう。問診もありますから、健康に関する不安を解消することが可能です。

READ MORE

40代の発症率が高い病気ランキング

no.1

40代から急速に増えるがん

日本人の死因の第一位となっているがんですが、30代以下でももちろん発症する可能性はあります。ただ、発症率はかなり低いです。しかし、40代特に45歳を過ぎるとがんの発症率は一気に高くなります。食事や喫煙などによって発症リスクは高まり、特に肺がんや胃がん、大腸がんに関しては日々の生活習慣の影響を特に受けやすいとされています。

no.2

糖尿病も40代から増え始める

年々糖尿病患者の割合は増えてきていますが、年代で言えば40代から増えてくる事が多いです。男性においては2002年と2010年では40代の人の糖尿病が強く疑われる割合が倍近くになっています。糖尿病に関しては遺伝や体質などもありますが、もっとも重要なのは日々の食生活や運動習慣の有無による健康管理になります。

no.3

2~3人に1人は高血圧

40歳以上の方の2~3人に1人は、高血圧であるとされています。日本人の死因の1位はがんですが、2位と3位は心臓疾患と脳血管疾患なので高血圧による動脈硬化がリスクを高めている病気です。高血圧は自覚症状はないケースが多いですが、徐々に体を蝕んでいるものです。塩分を控えることはもちろん、ストレスを溜めないようにしたりすることも高血圧の解消には欠かせません。

内科を選ぶ時の3つのポイント

定期的に通える場所にあるか

かかりつけ医としても使用する場合、まずは通うことが出来る場所にあるかどうかということが大切です。世田谷に住んでいるのであれば世田谷、新宿に住んでいるのであれば新宿などというように、何か異常があった時にすぐに対応してもらえるところを見付けることが大切です。特にリウマチや高血圧、糖尿病などの慢性病は特に通いやすさが大切です。

内科と言っても専門性がある

内科と一口に言っても消化器内科、リウマチ内科などといったように専門性があります。近年においては特に専門性が高まっていますので、病気の種類がある程度自分でもわかっている場合には専門性の高い内科医に診てもらうということが必要です。最も身近な内科となると消化器内科になりますので、それを基本に紹介状を出してもらうという使い方もいいでしょう。

ドクターのコミュニケーション能力

多くの方が内科の医師に求めている能力としてコミュニケーション能力がありますが、これらを調べるには実際にかかってみないと分かりません。しかし、最近では医師の口コミサイトなども充実してきているので、そういったサイトを利用して絞っていくということは出来るでしょう。自分の症状をしっかりと伝えることが出来る相手かどうかというのは内科選びでとても重要です。

[PR]

浦安で夜間診療を受診
仕事帰りでも利用できちゃう

健康診断なら梅田クリニックで受けよう
特殊検査も対応してくれる

世田谷でリウマチに悩まされているなら注目!
優良医院をチェック!

卵巣がんの治療は免疫療法がピッタリ
施術の特徴を詳しく解説!